>>>開発許可

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

開発許可【かいはつきょか】

開発許可とは、市街化区域で一定規模以上の開発行為を行うものに都道府県知事の開発許可を義務づけた制度です。
この制度は、乱開発を防止し、計画的な街づくりを推進することを目的とした制度です。市街化区域では、基本的には1000平方メートルを超えて土地の区画形質の変更(切土盛土などによる造成や道路・水路などの区画変更)を行う開発行為(一定規模の宅地開発など)は、事前に都道府県知事に届け出て許可を得なければなりません。
また、この許可を得るためには、開発行為に公共施設(道路や公園、公共空地、給排水設備、防災設備など)の設置が義務づけられています。
なお、都市計画法および宅地造成等規正法の改正により、市街化調整区域の開発は原則として禁止されました。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

開発許可とは?開発許可の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?