>>>仮枠

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

仮枠【かりわく】

仮枠とは、コンクリートを打ち込むための枠組みをいいます。コンクリートを設計上の形状や厚さに流し込み、必要な強度になるまで支持する型枠のことです。
コンクリートを流し入れると相当な重圧がかかるので、たわみが生じないよう強度が必要です。また、仮枠の表目にキズや汚れがあると、コンクリートの品質に影響します。コンクリートを打ち込んで5日程度の養生の後、仮枠は取り外されます。仮枠の材料には主に仮枠用合板が用いられますが、最近では再利用や施工性の点から、また、合板の値上がりなどの問題から、ステンレス製やアルミ製、プラスチック製のものも使われています。また、コンクリートが固まった後も外さない「仕上げ兼用の型枠」も出ています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

仮枠とは?仮枠の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?