>>>買戻し

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

買戻し【かいもどし】

一度売却した不動産を、売却代金と契約費用を返還することによって取り戻す(買戻す)という特約を「買戻し」といいます。
借金の担保に自己の不動産を債権者に売却し、返済が可能になったときに買戻すという債権担保の機能を持った特約です。買戻しの期間は最長10年で、売買契約と同時に締結し、登記所有権移転登記と同時に行わなければ効力を発しません。
以上のように、要件が厳格であることから、債権担保としてはほとんど利用されてきませんでした。ところが、最近では、旧住宅・都市整備公団などが分譲した宅地や住宅の転売防止として、利用されるようになってきました。違反者は、事業主に不動産を買戻されてしまいます。(公共住宅で金もうけは許さないということです)

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

買戻しとは?買戻しの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?