>>>雁行型

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

雁行型【がんこうがた】

マンションにおける住戸配置の形式の一つで、各住戸を斜めにずらして配置したものをいいます。
雁が飛ぶときの隊列の形に似ていることから雁行型といわれています。ようかん型マンションのような単純な長方形の場合に比べて、中住戸でも3方向に開口部を設けることが可能になり、通風、採光、眺望などに優れています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

雁行型とは?雁行型の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?