>>>火災警報装置

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

火災警報装置【かさいけいほうそうち】

火災発生時に煙や熱を感知して、ベルや音声などで警報を発する装置をいいます。
通常は天井に設置され、警報ベルが鳴り響くと同時に、マンションなどでは管理人室(防災センター)にも自動通報される仕組みになっています。
2006年6月の改正消防法の施行に伴い、新築住宅の寝室や階段に住宅用火災警報器の設置が義務付けされました。また、建築基準法改正により、建築確認申請完了検査の手続き時に、住宅用火災警報器の設置図面などの添付が必要となりました。既存住宅についても、市町村条例により、2011年5月31日を目途に設置が義務化されます。ただし、既に自動火災報知設備スプリンクラー設備が設置されている場合には、免除される場合もあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

火災警報装置とは?火災警報装置の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?