>>>防火区画検証法

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

防火区画検証法【ぼうかくかくけんしょうほう】

耐火建築物の防火区画に関して、火災時における開口部に設けられた防火設備の遮炎に関する性能を検証する方法のことをいいます。防火区画とは、建物が規定の区画を超えて延焼または燃え広がらないように、一定面積ごとに防火間仕切り防火戸防火シャッターなどで区切ることをさします。延べ面積1000m2を超える大規模な建物では、床面積1000m2以内ごとに防火壁耐火構造の床などを設置して区画しなければなりません。この検証法で、規定の面積区画の数値を超えて燃え広がらないことを立証するためには、防火区画として本来あるべき位置に延焼防止のための防火設備などを施す必要があります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

防火区画検証法とは?防火区画検証法の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?