>>>ほぞ

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

ほぞ【ほぞ】

ほぞとは、木材や石材などの、2つの部材を接合する際、部材の小口に作る凸型の突起のことです。
この突起を受ける側の部材に作られる凹型の穴をほぞ穴といいます。
木造軸組工法では、構造部材であるなど、2つ以上の部材を組み合わせて接合する際に、木材の仕口部分に、差し込む側の木材の小口の部分を細くして、合わせる相手側の材に差し込めるようにした凸の部分のことをいいます。
突起の形状は目的によって様々な種類があり、従来は職人が手作業でほぞとほぞ穴を刻んでいました。最近では、プレカットされた部材を建築現場に持ち込んだり、仕口部分を金物で補強することも多くなっています。ほぞとほぞ穴による接合は、木製の家具などにも使われている場合があります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

ほぞとは?ほぞの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?