>>>ボイドスラブ工法

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

ボイドスラブ工法【ぼいどすらぶこうほう】

コンクリート床スラブに円筒状、ボール状などの穴をあけて中空にし、25~35センチくらいの厚さにする工法のことです。床スラブ内部に中空部分を設けるため、スラブ厚に対する重量は軽くなり、強度や耐振動性は高まります。床全体がの役目も果たすので、天井に小梁のでないすっきりした大スパンの空間が可能で、間仕切り壁を容易に変更できるメリットもあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

ボイドスラブ工法とは?ボイドスラブ工法の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?