>>>防犯モデルマンション登録制度

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

防犯モデルマンション登録制度【ぼうはんもでるまんしょんとうろくせいど】

防犯モデルマンション登録制度とは、防犯に配慮した構造・設備の基準を満たしているマンションを、各地の防犯連合会などが認定・登録する制度のことをいいます。
審査基準は、「共同住宅の防犯上の留意事項」(警察庁策定)・「防犯に配慮した共同住宅の設計指針」(国土交通省策定)を基に各自治体ごとに定められていて、一級建築士や防犯連合会職員などが審査します。広島県を始めとして、静岡県、大阪府、京都府、北海道、大分県などで実施されています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

防犯モデルマンション登録制度とは?防犯モデルマンション登録制度の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?