>>>歩車共存型

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

歩車共存型【ほしゃきょうぞんがた】

歩道と車道が共通している道路のことをいいます。
主に大規模マンションの敷地内で、自動車で駐車場に向かうときのアプローチ(車路)と、人が歩いてエントランスに向かう歩行者路が共通しているタイプの道のことです。入居している住棟の近くに駐車スペースがあるため、人の乗り降りや荷物の出し入れには便利な半面、歩行者と自動車が同じように通るため、安全対策が必要になってきます。通常は歩行者を優先させ、車のスピードを抑制させるためにバンプ(ハンプ)やクランクなどが設けてあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

歩車共存型とは?歩車共存型の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?