>>>ヘップルホワイト様式

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

ヘップルホワイト様式【へっぷるほわいとようしき】

18世紀後半のイギリスの家具作家ジョージ・ヘップルホワイトの名に因んだ呼称で、シェラトン様式チッペンデール様式とともに、18世紀イギリス家具の3大流行様式のひとつです。ジョージ・ヘップルホワイトはランカスターで修業後、1775年頃ロンドンに定住して高級家具のデザインおよび製造を行なったとされています。古典様式を基本とした優美な形態や、庶民の暮らしに合うように形態・装飾を単純化したのが特徴で、特にハート形や卵形などの背もたれを持つ椅子が代表作として知られています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

ヘップルホワイト様式とは?ヘップルホワイト様式の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?