>>>ベークアウト

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

ベークアウト【べーくあうと】

住宅の建材などに含まれる有害な化学物質を放散させて、室内の空気を改善する手法のことをいいます。
英語のBake-outからきた言葉です。
シックハウス症候群の原因物質といわれるホルムアルデヒドVOC(揮発性有機化合物)などの化学物質は、温度や湿度が高いほど揮発しやすくなります。この性質を生かし、まず、閉め切った室内で暖房機などを使って室温を30度以上に上げ、化学物質を一気に放出させます。その後、強制的に換気を行って、室内の化学物質の濃度を下げる方法です。
新築住宅に入居する時やリフォームした時に、繰り返し行えば効果的だともいわれますが、ベークアウトの効果についてはまだ不明なところも多く、過度に行えば建材の劣化にもつながるので、注意が必要です。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

ベークアウトとは?ベークアウトの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?