>>>ブール様式

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

ブール様式【ぶーるようしき】

ブール様式とは、フランスのルイ14世時代の宮廷家具師「シャルル・ブール」(1642~1732年)が製作した家具の様式のことをいいます。黒檀の黒地に真鍮、べっこう、貝殻などを象嵌(ぞうがん)し、神話、草花模様、アラベスク、唐草などのモティーフを表現した「ブール象嵌」で家具を装飾した点に特色がみられます。芸術性が高い象嵌細工やブロンズ細工に大いに才能を発揮したブールの作品はルイ14世を大いに満足させ、ベルサイユ宮殿を彩ったと言われています。ベルサイユ宮殿グラン・トリアノンのルイ14世の寝室用に製作したコモード、ルーブル美術館蔵の衣装戸棚とバイエルン選帝侯のための机などは彼の代表作です。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

ブール様式とは?ブール様式の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?