>>>複合用途の建築物

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

複合用途の建築物【ふくごうようとけんちくぶつ】

数の用途区分が集合した建物のことをいいます。例えば店舗や事務所の上に、共同住宅などが建設されているものなどをさします。それぞれの用途ごとに建築できるか否かが判断され、用途地域によっては一部の建築が不可能がある場合、別の用途に変更する必要があります。また近年、雑居ビルの火災の増加傾向を受け、2014年4月から複合用途建築物における防火・防災管理体制の強化を図ることを目的として、消防法が改正されました。協議により選任した統括防火防災管理者に建物全体の防火防災管理上必要な業務を行わせるとともに、その旨を消防機関に届け出ることが法律上規定されました。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

複合用途の建築物とは?複合用途の建築物の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?