>>>襖縁

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

襖縁【ふすまぶち】

襖の天地左右の外周の縁のことをいいます。襖縁があることで襖そのものの強度を高める効果と、襖を開閉する際に手で汚さないための役割があります。主に木製の製品が広く使われており、なかにはヒノキ材に漆を塗布した「漆塗縁」など数十万円する高価なものもあります。現在は、木地のまま使用する「木地縁」、木地に色付けをして蝋磨きを施した「色付け縁」、漆塗りの代用品として植物樹脂を塗布した「カシュウ塗縁」などがあり、仕上げには、木目の部分だけが塗料をはじいた感じに仕上がる「目はじき仕上げ」という方法が多く使われています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

襖縁とは?襖縁の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?