>>>不動産広告における禁止事項

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

不動産広告における禁止事項【ふどうさんこうこくにおけるきんしじこう】

ある行為を行わないように命令すること、または禁止すべき事柄。不動産広告における禁止事項としては、大きく分けておとり広告、不動産広告の不当表示の2つに気をつけたいところです。おとり広告については、二重価格表示や、物件を優良に見せるための不当な比較広告、誇大広告、虚偽広告、実際の物件や競合他社が取り扱う物件よりも著しく優良であることを示す優良誤認表示などがあります。不動産広告の不当表示については、日本一などの根拠がない言葉の使用や、交通機関からの所要時間の曖昧表現、不適合接道なのにも関わらず書いていない、建築年月の表示がなく中古と書かれているなどがあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

不動産広告における禁止事項とは?不動産広告における禁止事項の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?