>>>プレカット

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

プレカット【ぷれかっと】

柱やなど建築部材の加工を、建築現場ではなく、工場で行うことをプレカットといいます。
部材は図面を元に、接合部である「ほぞ」などを機械で加工し、それを現場に運んで建築します。従来、部材の加工は、現場での職人仕事でしたが、プレカットの採用で、現場での加工作業は削減されます。これにより、個人差のあった加工精度を、均一に保てるようになりました。さらに工期の短縮、コストの低下、現場での廃材発生の防止にもつながりました。現在では多数の住宅メーカーや工務店が、プレカットを採用しています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

プレカットとは?プレカットの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?