>>>プレハブ工法

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

プレハブ工法【ぷれはぶこうほう】

プレハブ工法とは、工場であらかじめ部材を生産し、建築現場で組み立てる工法の総称です。
プレハブ工法は使用する部材や構造によって、木質パネルを主要構造部材とした「木質系プレハブ」、鉄骨のに壁パネルを張り付けた「鉄骨系プレハブ」、鉄骨または木材をフレームとした箱(ユニット)を建築現場で連結するだけの「ユニット系プレハブ」、プレキャストコンクリートパネルを使用して床、壁、天井を組み立てていく「コンクリート系プレハブ」などに分類されています。材料も構造もメーカーによってさまざまですが、どれも規格化された部材を工場で量産するため、品質や価格が安定しており、工期の短縮も図れます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

プレハブ工法とは?プレハブ工法の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?