>>>不動産取得税

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

不動産取得税【ふどうさんしゅとくぜい】

不動産取得税とは、不動産を取得したときにかかる地方税のことです。土地や住宅を購入したり、家屋を新築、増改築したときに、1度だけかかる税金です。不動産取得税の金額は取得した不動産の課税標準額×3パーセントとなります。また、2010年までに宅地を取得した場合は、取得した価格の2分の1が課税標準額となります。ただし、次の金額未満のときには不動産取得税はかかりません。土地 10万円未満家屋 新築および増改築 23万円未満その他12万円未満また、マイホームの場合には一定の減額措置が受けられます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

不動産取得税とは?不動産取得税の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?