>>>復代理人

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

復代理人【ふくだいりにん】

復代理人とは、代理人から代理事務を委任された者のことをいいます。
しかし、依頼者から委任を受けた代理人は、原則として、復代理人を選ぶことができません。復代理人が認められるのは、依頼者が許したとき、または、やむをえない事情があるときに限られます。例外的に復代理人が認められるときは、復代理人は代理人と同じ地位に置かれます。即ち、依頼の趣旨に従って、相当の注意を払って取引に当たらなければなりません。また、取引の相手方を自分自身として取引することはできませんし、取引の相手方の代理人となることもできません。
復代理人が、与えられた権限を越えて取引をしても、原則として無効となってしまいます。そのため、復代理人に対しては、委任状を見て権限の範囲をよく確認する必要があります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

復代理人とは?復代理人の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?