>>>不動産投資顧問業

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

不動産投資顧問業【ふどうさんとうしこもんぎょう】

不動産投資顧問業とは、不動産投資に関する助言業務や不動産取引の投資一任業務などをいいます。
投資家からの依頼によって、専門的な知識や分析に続いて、業務として助言や調査報告を行ったり、投資判断や取引代理を行います。
国土交通省の「不動産投資顧問業登録制度」には、助言のみを行う「一般不動産投資顧問業」と、助言に加えて投資一任業務を行う「総合不動産投資顧問業」が登録されています。この登録制度には知識・経験などに審査基準が設けられ、不動産コンサルティング技能試験合格者ほかの高い専門性や、1億円以上の不動産に係わる2年以上の業務経験などが要件となっています。「総合不動産顧問業」は資本金1億円以上などの財務要件もあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

不動産投資顧問業とは?不動産投資顧問業の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?