>>>不動産証券化

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

不動産証券化【ふどうさんしょうけんか】

不動産証券化とは、不動産の収益を裏づけとして投資家から資金調達することです。
投資家は商業ビルや賃貸マンションなどの運用益に基づいて、利払いや配当を受けます。
不動産証券化は、特定の不動産を証券化する資産流動化型と、複数の不動産を対象としてファンドを運用する資産運用型があります。前者は、特定目的会社(SPC)などを通じて証券化されます。後者は、不動産投資信託「J-REIT」(日本版不動産投資信託)といい、投資法人・投資信託が投資家から集めた資金をファンドとして不動産に投資します。現在、大手不動産業者の大半が「J-REIT」に参入しており、証券化市場規模は急激に拡大しています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

不動産証券化とは?不動産証券化の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?