>>>不動産小口化商品

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

不動産小口化商品【ふどうさんこぐちかしょうひん】

不動産小口化商品とは、不動産の所有権を小口に分けて販売する金融商品です。
その中でも、一般的に「不動産小口化商品」というと、バブル期に登場した、共有持分権の信託方式に始まります。当時は1口1億円という単位で「小口化」された商品が投資家に販売されました。しかし土地神話全盛期には不動産の実物価値は省みられず、バブルの崩壊により、マネジメントしている不動産会社の倒産などもあり、投資家に多大な被害を及ぼしました。その後、1995年には投資家保護を目的に、「不動産特定共同事業法」が施行され、不動産小口化商品の販売は許可制となり、事業内容に関する情報公開も義務付けられました。以降、何度かの法改正をへて、現在では、大手不動産会社などを中心に不動産流動化の1つの方法として活用されています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

不動産小口化商品とは?不動産小口化商品の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?