>>>不動産アナリスト

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

不動産アナリスト【ふどうさんあなりすと】

不動産アナリストとは、一般的には不動産に関する高度な分析やマネジメントを行う人のことです。
特に資格として使われるときには、社団法人全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)が実施している教育制度の一つ「不動産アナリストコース」の修了者に与えられている称号をいいます。この教育コースは、宅建主任登録後5年以上の実務経験があり、財団法人不動産流通近代化センターが実施している「不動産コンサルティング技能試験」の合格した人を対象としています。高度な不動産実務に対応するため、財産評価、税務、建物の建築と運営、事業企画、テナント・リース実務など、1年間の集合研修と課題提出を実施し、試験合格者に資格が与えられます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

不動産アナリストとは?不動産アナリストの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?