>>>ファイバーボード

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

ファイバーボード【ふぁいばーぼーど】

ファイバーボードとは、繊維を固めた板のことです。
主に木材などの植物繊維を主原料にして作った、板状の建築材料です。木材の繊維を解きほぐし、接着剤合成樹脂などを加えて、板状に成形して作るため、一様に均質で断熱性や吸音性に優れているという特徴を持っています。さらに、端材や廃材も無駄なく利用できるため、通常の木材に比べて低価格で、資源の有効利用にもつながるといわれます。
密度によって軟質繊維板(インシュレーションボード)、半硬質繊維板(中質繊維板、MDF)、硬質繊維板(ハードボード)に分けられ、断熱材や吸音材、や家具の心材、内外装用の下地材や化粧板などに使われます。ただし、MDF(中質繊維板)には、シックハウス症候群の原因物質の一つといわれるホルムアルデヒドが含まれていることから、使用についての規制基準があります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

ファイバーボードとは?ファイバーボードの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?