>>>ひら金物

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

ひら金物【ひらかなもの】

かすがいに代わる金物として開発された長方形の補強金物のことをさします。外壁廻りの下地材施工に支障がある場合に使用されます。上下階の管柱(各階毎に設けられた柱)の緊結や大引(木造の1階床組みで根太を受ける部材)と床束(1階床の大引を支える床組の垂直部材)、小屋束(棟木や母屋の下に立つ垂直材で屋根荷重を小屋梁に伝える部材)と小屋梁(木造の建物で、最上階の小屋組を受ける水平の横架材)・母屋の接合、及び母屋や梁材の継手など用いられます。ひら金物と短冊金物は特に区別をせずに、短冊金物と呼んでいる場合もあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

ひら金物とは?ひら金物の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?