>>>ヒートポンプ

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

ヒートポンプ【ひーとぽんぷ】

ヒートポンプとは、水や空気などの冷媒(熱を運ぶもの)を、圧縮機を用いて動かすことで、低温側から高温側に熱を移動させる仕組みのことです。
冷媒が液体から気体に変化するときに周囲から熱を奪う現象と、冷媒が気体から液体へ変化する際に周囲へ放熱する現象を利用して、熱交換を行うシステムです。圧縮機、凝縮器、膨張弁、蒸発器と、それらをつなぐ冷媒の入った配管から構成されています。冷媒はそれらを循環し、熱交換を繰り返します。電動ヒートポンプでは、電気は熱エネルギーとしてではなく、熱を移動させる動力源として利用されるため、消費電力の3倍近くの熱を利用できるので、経済的といわれています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

ヒートポンプとは?ヒートポンプの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?