>>>羽子板ボルト

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

羽子板ボルト【はごいたぼると】

柱と桁、梁と桁など直角に交わる二つの部材を、より強力に緊結させる金具のことをさします。一方が棒状で反対側が平たい形状が、羽子板のように見えることから、そう名付けられています。棒状の部分は、柱などを貫いてボトル留めされることから非常に緊結力が高いと言われています。木造軸組工法の建物で使用することで、地震や台風時に万が一梁がはずれても脱落するのを防ぎます。また、スクリュー釘の併用が定められています。羽子板ボルトは釘孔(釘を通す四角形の小孔)がある「腰高タイプ」と釘孔がない「フラットタイプ」の種類があります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

羽子板ボルトとは?羽子板ボルトの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?