>>>ハロゲンランプ

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

ハロゲンランプ【はろげんらんぷ】

電球の一種。「ハロゲンバルブ」とも呼ばれています。仕組み自体は白熱電球と似ていますが、電球内部に封入する不活性ガスに、ヨウ素・臭素などのハロゲン元素を混入することで、不活性ガスのみを封入する通常の白熱電球よりもフィラメントが白熱する際の温度が高いため明るく、また長寿命になると言われています。最近では光源として広く利用され、商業施設のダウンライト、自動車等のヘッドライトやフォグランプ、コピー機や事務用機器の光源、スタジオの照明など多く用いられています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

ハロゲンランプとは?ハロゲンランプの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?