>>>パッシブ住宅

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

パッシブ住宅【ぱっしぶじゅうたく(ぱっしぶはうす)】

パッシブ住宅とは、建物の性能を上げ、高性能の熱交換器による空調設備だけで冷暖房器具が不要になる住まいのこと。1991年にドイツのパッシブハウス研究所によって確立された省エネ住宅のスタンダードをもとに作られています。アクティブな冷暖房機器が不必要になることから「パッシブ(passive:受身の)」の名称がつけられています。パッシブ住宅は明確な性能基準として「冷暖房負荷が各15kwh/m2以下」「一次エネルギー消費量(家電も含む)120kwh/m2以下」「気密性能として50Paの加圧時の漏気回数0.6回以下」が定められています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

パッシブ住宅とは?パッシブ住宅の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?