>>>RAL基準

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

RAL基準【らるきじゅん】

ドイツで作られた壁紙の品質基準のことです。重金属・安定剤・可塑剤・塩ビモノマー・発泡剤・VOC(揮発性有機化合物)・ホルムアルデヒドの基準値の規制など、その内容は健康や環境に配慮して多岐にわたっています。RALマークは品質保証壁紙のマークでこの規定に適合した壁紙のみが表示できるマークです。ドイツの壁紙メーカー14社で設立した壁紙品質保証協会とRAL(ドイツ品質管理・標識協会)の共同によって、1990年に作成されました。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

RAL基準とは?RAL基準の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?