>>>Low-Eガラス

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

Low-Eガラス【ろういーがらす】

Low-Eガラスとは、特殊な金属膜でコーティングされたガラスをさします。Low-Eとは、Low Emissivity(低放射)の略で、一般的なガラスが放射率0.85程度なのに対し、Low-Eガラスは金属膜の効果によって放射率が0.1以下になると言われています。放射率が低ければ低いほど赤外線を反射させ熱を通さない原理のため、Low-Eガラスは断熱性が高いとされています。また、複層ガラスに使用することによってより高い断熱性・遮熱性が望めると言われています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

Low-Eガラスとは?Low-Eガラスの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?