>>>DCF法

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

DCF法【でぃーしーえふほう】

収益資産価値を評価する方法。Discounted Cash Flowの頭文字をとり、DCF法と呼ばれています。株式や不動産などの投資プロジェクトの価値を算出する際に使われます。2002年に改訂された「不動産鑑定評価基準」により、正式にDCF法が採用されていますが、90年代後半からすでに、不良債権の担保不動産の評価などに盛んに活用されていました。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

DCF法とは?DCF法の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?