>>>CCS(二酸化炭素回収貯留、Carbon Capture and Storage)

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

CCS(二酸化炭素回収貯留、Carbon Capture and Storage)【しーしーえす】

大気に放出された、または放出される直前の二酸化炭素を集めて、水中や地中などに閉じ込める技術です。正式名称は、Carbon dioxide Capture and Storageで略称がCCSです。例えば火力発電所や工場で燃料の燃焼により排出される二酸化炭素を回収し、効率よく貯留するといったように用いられます。ただし、貯留をする際に、二酸化炭素がきちんと閉じ込められているか、また回収効率の問題などから、現在のところあまり行われていません。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

CCS(二酸化炭素回収貯留、Carbon Capture and Storage)とは?CCS(二酸化炭素回収貯留、Carbon Capture and Storage)の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?