>>>ABS樹脂

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

ABS樹脂【えいびいえすじゅし】

アクリロニトリル (Acrylonitrile)、ブタジエン (Butadiene)、スチレン (Styrene)の共重合合成樹脂の総称で、それぞれの頭文字をとって「ABS樹脂」とよばれています。耐衝撃性、耐熱性、加工性に優れ、電気器具や自動車の内装などに、多く使用されています。また、ABS樹脂を主原料としたものに発泡剤を加えてつくられるプラスチック製品として「人工木材」があり、見た目はまるで天然木材のよう。のこぎりやかんな、釘も使えて湿気にも強いという特徴があります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

ABS樹脂とは?ABS樹脂の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?