>>>4号物件

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

4号物件 【よんごうぶっけん】

主に建築基準法20条4号において定められた区分による、1号~3号物件以外の小規模な建築物(原則的に構造計算が不要)をさします。
木造平屋建ての住宅や、木造2階建て住宅で延べ面積500m2未満のものなどが、これに該当します。2006年(平成18年)6月に行われた建築基準法の改正、2007年(平成19年)6月施行では、小規模な建築物に関する確認審査に大きな変更はなく、政令で定める技術基準(耐久性等関係規定)に適合しているかどうかが、建築確認では審査されます。ただし、「許容応力度計算+層間変形角剛性率偏心率の確認」等で構造計算を行った場合は、都道府県知事が指定する構造計算適合性判定機関等の構造計算適合判定を受けなければなりません。また「時刻歴応答解析」を行った場合は、国土交通大臣が指定する特定性能評価機関による構造計算の評価を受けなければならなくなりました。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

4号物件 とは?4号物件 の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?