>>>1号物件

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

1号物件 【いちごうぶっけん】

建築基準法で定める、高さ60mを超える超高層建築物のことをさします。
建築基準法第20条第1号では、高さが60mを超える建築物に対して、それ以下のものと異なる構造の基準を設定しています。超高層建築物の耐震計算はコンピュータで行われ、従来は国土交通大臣が認定する構造計算プログラムを用いたもので確認審査していましたが、耐震偽装問題を契機に行われた改正建築基準法で、計算プログラムの内容を改ざん等をしていないかどうかを確認するために、構造計算の専門家による再計算・チェック制度が導入されました。この時に、構造設計一級建築士の資格が設けられました。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

1号物件 とは?1号物件 の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?