>>>CP錠認定制度

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

CP錠認定制度【CPじょうにんていせいど】

CP錠認定制度とは、住宅の出入口の開き戸に付けられる錠前のうち、防犯性の高いものを公的に認定する制度のことで、CPは「Crime Prevention(防犯)」の略です。正式には「優良住宅用開きとびら錠等の型式認定制度」といいます。
警察庁の外郭団体である財団法人全国防犯協会連合会が行っているものです。認定対象は、彫り込み錠、面付け錠で、基本性能、耐破壊性能、耐ピッキング性能などを評価します。有効期間は3年です。
この制度は、錠前製品のみを対象としていましたが、2004年4月、錠前の他、ドア・ガラス・サッシなども加えた「防犯性の高い建物部品」が公開され、同制度は2004年5月20日をもって廃止されました。新しい制度については、本用語集の「CPマーク」の項をご参照ください。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

CP錠認定制度とは?CP錠認定制度の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?