>>>CP-C錠認定制度

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

CP-C錠認定制度【CP-Cじょうにんていせいど】

CP-C錠認定制度とは、ピッキングに強いシリンダー錠を公的に認定する制度のことで、CP-Cは「Crime Prevention Cylinder」の略です。
警察庁の外郭団体である財団法人全国防犯協会連合会が、2000年から行っているものです。
認定対象は、彫り込み錠、面付け錠の交換用シリンダーで、基本性能(かぎ違い数、耐久性)、耐破壊性能、耐ピッキング性能などを評価します。有効期間は3年です。この制度は、錠前製品のみを対象としていましたが、2004年4月、錠前の他、ドア・ガラス・サッシなども加えた「防犯性の高い建物部品」が公開され、同制度は2004年5月20日をもって廃止されました。新しい制度については、本用語集の「CPマーク」の項をご参照ください。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

CP-C錠認定制度とは?CP-C錠認定制度の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?