>>>CFT構造

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

CFT構造【CFTこうぞう】

CFT構造とは、断面が角形または円形の鋼管にコンクリートを充填してとし、鉄骨のを組み合わせた構造のことです。
CFTとは「Concrete-Filled Steel Tube」の略で、「コンクリート充てん管構造」「充てん形鋼管コンクリート構造」などともいわれます。鋼管柱は角形と丸形があり、鋼管柱の内部にコンクリートを充填することで、高い剛性を得られ、小さな柱断面でも長い柱間隔を取ることが可能となります。また、鉄筋を使用しないため、施工性にも優れています。空間の自由度を高められるので、大空間建築や高層建築に向いた構造です。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

CFT構造とは?CFT構造の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?