>>>置床

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

置床【おきゆか】

コンクリート構造の建物で、鉄筋コンクリート性の床である床スラブとは別に、防振ゴムのついた支持脚で床パネルを支えて、その上に木材などを使った化粧床を張ること。「乾式二重床」ともよばれ、多くのマンションで採用されている構造です。床とスラブ面にすき間があるため保温性や防音性に優れるほか、防振ゴムにより階下への騒音を軽減できるなどのメリットがあります。また一方で、床が上がるため天井が低くなる、コストがかかるなどのデメリットもあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

置床とは?置床の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?