>>>汚染者負担原則

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

汚染者負担原則【おせんしゃふたんげんそく】

環境汚染が発生した場合、その原因となった者が回復などにかかる費用を全て負担すべきという原則のことをさします。「polluter pays principle」の訳語で、その頭文字を取って「PPP」とも表記されます。1972年5月26日に経済協力開発機構(OECD)が提唱し、欧米や日本に広まりました。日本では当時、水俣病をはじめとする公害の被害者への救済が遅れていましたが、この汚染者負担原則に基いて73年に「公害健康被害の補償等に関する法律」が制定され、企業や国、地方自治体が負うべき汚染の防止や修復の費用、被害者への補償などが明確化されました。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

汚染者負担原則とは?汚染者負担原則の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?