>>>オフホワイト

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

オフホワイト【おふほわいと】

白色の中でも「灰色がかった白」または「黄色がかった白」をさします。他にも「漂白されていない生地の色」「生成り」や「抑えた白色」と表現する場合もあります。よく「アイボリー」と混同されることがありますが、アイボリーは「象牙の色」というわかりやすい例えがあります。
それに対して「オフホワイト」は明確に例えられる物体がありませんが、ファッション業界ではオフホワイトを「ボーンカラー(bone color)」=「骨の色」と例えることがあります。住宅ではインテリアの配色など考える際など、「オフホワイトは色味が混じっているぶん、膨張する感じが抑えられ、目にも優しく映る」と言われています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

オフホワイトとは?オフホワイトの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?