>>>オーク

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

オーク【おーく】

ブナ科 コナラ属の植物の総称です。日本語では落葉樹の種群はナラ、常緑樹の種群はカシと呼ばれますが、オークはその両方を包含しています。一般的に材質が硬く耐久性があり、木目が美しいので建築材や家具に用いられ、主に建築用のオーク材としては下記の5種に大別されます。
・北米産ホワイトオーク…スワンプ・ホワイトオーク、チェスナット・ホワイトオークなど。材が白色に近いのでホワイトオークと呼ばれ、重硬で強く、心材の細孔は液体を通さないため、ウイスキーやワインの樽として使用されています。家具材や床材、船材などにも広く使用されています。
・北米産レッドオーク…ノーザン・レッドオーク、スカーレット・レッドオークなど。材の構造や質はホワイトオーク類によく似ていますが、材の色に差があるとともに、道管の中にチロースという細胞壁のようなものがつまっていないため、浸透性が良いのが特徴です。そのため、桶や樽の素材には不向きと言われていますが、燃料としての価値が高く、薪として優れているといわれています。
・国産ミズナラ…心材はくすんだ黄褐色で木目が美しく、建築材や国産の高級家具に利用されています。北海道産、東北産、飛騨産のミズナラが有名で、重硬で加工性や着色性に優れていると言われ、その中でも北海道産のミズナラが「ジャパニーズオーク」と呼ばれ、樽材として国際的に高い評価を受けています。また、東北産ミズナラと北米産ホワイトオークの年輪幅が近く、ほぼ同じ材の構造・質を持っているといわれています。
・欧州産オーク…オウシュウナラ、ヨーロピアンオーク、イングリッシュオークなど。ヨーロッパのほぼ全域に生育しており、材の構造や質、色は北米産ホワイトオークによく似ています。古くから船材として利用されてきました。
・トルコガン…欧州南部や西アジアに分布するオークで、ターキーオークとも呼ばれています。生長が早く、材の構造や色が北米産レッドオークによく似ています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

オークとは?オークの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?