>>>枝下高

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

枝下高 【えだしたこう】

木の根元から、木の中で最も太くて長い枝(力枝)までの長さのことをいいます。またその部分のことを枝下材といいます。
この部分は木の根元から枝下までの径の差が少ないことから良質な材とされ、また枝下高が高い木は製材をする際により多くの木材を切り出す(木取り)ことができるため、こちらも同様に条件の良い木とされています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

枝下高 とは?枝下高 の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?