>>>エポキシ樹脂注入基礎補修工事

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

エポキシ樹脂注入基礎補修工事【えぽきしじゅしちゅうにゅうきそほしゅうこうじ】

基礎に発生したひび割れ(クラック)箇所に穴を開け、エポキシ樹脂をその中に注入、硬化させることで接着・補修を施す工事のことをさします。モルタルを塗り込む方法もありますが、いずれも基礎の耐震補強工事ではなく補修工事の部類になるため、ひび割れが複数あるなど基礎の劣化が著しい場合には、放置すると建物が傾いたり耐久性が劣る可能性があるため、本格的に耐震補強工事を行う必要があると言われています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

エポキシ樹脂注入基礎補修工事とは?エポキシ樹脂注入基礎補修工事の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?