>>>売渡証書

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

売渡証書【うりわたししょうしょ】

売渡証書とは、所有権移転の登記を申請する際に添付する原因証書です。
記載される内容は、売主の住所氏名、買主の住所氏名、売買される不動産の概要です。
一般的には売主、もしくは買主からの依頼により、登記手続を担当する司法書士が、不動産売買契約書を基に作成します。ちなみに不動産売買契約書では、申請できないケースがほとんどです。不動産売買契約書には一般的に、所有権の移転日が記載されていないからです。不動産の売買契約は通常、売買代金の全額完済時に所有権が移転する、との条項が入ります。つまり、売買契約の成立日には、所有権の移転日が確定していないのです。そのため完済日に改めて売渡証書を作成し、売主買主双方が署名します。これを登記所に提出し、所有権移転の登記を申請するのです。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

売渡証書とは?売渡証書の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?