>>>田舎間(江戸間・関東間)

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

田舎間(江戸間・関東間) 【いなかま(えどま・かんとうま)】

主に関東・東北地方で用いられる柱間の基準寸法で、柱の中心と中心の間隔を6尺(約181.8センチ)=1間として定めたものです。別名で「江戸間」「関東間」ともいいます。また畳の大きさを基準として部屋の大きさを決める「畳割り」においては、5.8尺(約175.8センチ)×2.9尺(約87.9センチ)の大きさの畳を基準とします。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

田舎間(江戸間・関東間) とは?田舎間(江戸間・関東間) の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?