>>>遺贈

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

遺贈【いぞう】

遺言を通じ、相続人や相続人以外に無償で金銭や家屋、土地などの財産を贈る行為です。相続人以外に財産を取得させる唯一の手段で、民法第964条で保障されています。遺贈には「Aに預貯金を全て遺贈する」など具体的な財産や対象を指定して遺贈する「特定遺贈」と、特定せず「Bに財産の半分を遺贈する」など割合で遺贈する「包括遺贈」の2種類があり、いずれも遺言者が死亡した時に効力を発揮します。遺贈は相続人にもできますが、相続税などの計算で相続と比べて不利です。

PR大切なお住まいの売却をお考えの方、まずは査定を依頼してみませんか?

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

遺贈とは?遺贈の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?