>>>遺跡台帳

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

遺跡台帳【いせきだいちょう】

古墳や貝塚、住居跡といった遺跡が、時代や種類、所在地、面積、石器や土器ら主な出土品などとともに記された台帳です。文化財保護法の規定に基づき、原則的に市町村の教育委員会が作成します。遺跡台帳は、一般の閲覧が可能です。なお、遺跡が存在する場所を明示した地図を「遺跡地図」と呼びます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

遺跡台帳とは?遺跡台帳の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?